肌別のクレンジング方法

肌質別のクレンジング方法とは、クレンジングを行う際には、肌質に合わせて行わなければいけません。

肌質に合っていないクレンジング方法を行っていると、肌トラブルを引き起こす原因になってしまうため、ご自分の肌質に適したクレンジングを忘れないようにしましょう。

乾燥肌(ドライ肌)の場合

乾燥肌の人は、ニキビや吹き出物、黒ずみや毛穴の開きなどのトラブルは、あまり起こらないのではないかと思いますが、肌の水分量が不足しているために、シワができやすくなったり、白く粉を吹いたようになってしまったりして、化粧乗りが悪くなってしまいます。

また、乾燥肌の人は同時に敏感肌でもあるケースが多いので、クレンジングを行う際には、なるべく刺激の少ないものを選ぶようにしてください。

まず、使用するクレンジング剤は、オイルタイプよりもミルクタイプやクリームタイプといった水分を保ちながら、メイクを落とすことができるものが望ましいと思います。

オイルタイプは、確実にメイクを落とすことが可能なのですが、肌にとって必要な油分まで流してしまいやすいので、乾燥肌が悪化する場合があるのです。

極度の乾燥肌であるという人は、メイクを控えめに抑えることによって、クレンジングの時間を短くすれば、多くの場合では、改善されることになります。

脂性肌(オイリー肌)

脂性肌の人は、Tゾーンが特に脂っぽくなりやすいです。毛穴が黒ずんだり、ニキビなどができやすくなるため、お化粧乗りは良くても、早く化粧崩れをしてしまいやすくもあります。

皮脂の分泌量が多い人には、使い心地がサッパリとしたクレンジングをオススメしたいです。

脂っぽい肌だからといって、保湿を怠ってしまうと、ますます皮脂が分泌されてしまうこともあるので、クレンジング、洗顔、保湿ケアの3段階を忘れないようにしてください。

さらに、毛穴の黒ずみが気になる場合には、オイルクレンジングを使用してメイク落としと同時に毛穴の汚れも落とすようにしましょう。

動脈硬化の予防に着目すべきはなにか?

動脈硬化を引き起こす要因はLDLコレステロールだと言われていますが、ここではこの点について掘り下げていきたいと思います。LDLコレステロールを抑えれば動脈硬化の予防になるのでしょうか。それとも、LDLコレステロールを抑えても他のコレステロールに異常が見られる場合にはそのリスクは変わらないのでしょうか。

「LDLコレステロールとHDLコレステロール」

コレステロールには種類があります。善玉コレステロールであるHDLと悪玉コレステロールであるLDLの2種類です。今回題材として取り上げている動脈硬化と関係があるのはLDLコレステロールになります。

LDLコレステロールは肝臓から全身へと運ばれていきますが、その際に細胞内に取り込むことができなかったものは、そのまま血中に取り残されてしまいます。これが血管壁に張り付くことで血管内が狭まり、動脈硬化に繋がります。これが酷くなると高脂血症になりますので、対策として高脂血症改善サプリなどを飲んでおくと効果的です。

また、善玉コレステロールが少ない場合にも動脈硬化は起きやすくなります。善玉コレステロール、HDLコレステロールの役割は、血中の残されたコレステロールを肝臓に戻すことです。つまり、HDLコレステロールが少なくなると、それだけ余分なコレステロールが血中に残されてしまうということで、その分だけ動脈硬化になるリスクが高まるのです。

「中性脂肪にも注意を」

また、これらのコレステロール以外にも、動脈硬化の原因となるものがあります。中性脂肪です。中性脂肪が増え過ぎると、肥満脂肪肝になる可能性が高まり、それが動脈硬化の原因となります。

ここまで説明してきたことをまとめると、動脈硬化を予防するためにはLDLコレステロールばかりに注意を払っていても効率的ではないことが分かります。LDLコレステロールだけでなく、HDLコレステロールが不足しないように、また中性脂肪が増え過ぎないように注意しましょう。

コレステロールの値が気になる方は、職場での健診や人間ドックの血液検査の結果を参考にしてみてください。仮にLDLコレステロールが高かったとしても、食事療法・体重の是正・禁煙・運動療法を行うことによって動脈硬化は予防できます。

食欲を抑えるお酢はどんなもの?

食欲を制御する方法にお酢を摂取することが挙げられます。人間の脳は、糖分を栄養にして活動をしているため、血糖値が低下してしまうと糖分を補給するために何かを食べろと指令を出します。

お酢には、血糖値が下がるのを防いでくれる働きがあるため、糖分が不足していても、脳の指令が出ないため、食欲を制御できるというわけです。また、お酢には、カリウムが含まれています。カリウムは脂肪を分解してくれる作用があるため、ダイエットにも効果があります。

そのため、お酢を食事に加えることは食欲を制御するためには効果的な食品といえます。しかし、脂質を分解してくれるということは消化の働きを助けることにつながるので、食欲が増してしまうことになることがあります。ですから、お酢を摂取する際には気を付けなければいけません。

お酢を食事に加えても食欲が制御できないというときには、食事を食べる前に摂取することで過剰に食べることはなくなります。特に、お酢の作用を最大限活かしてくれるバナナを一緒に食べることで、より効果を発揮してくれます。

お酢にはさまざまな種類があるためそれぞれの効能を知っておきましょう。黒酢は、高脂血症に効果があり、琉球もろみ酢は泡盛の酒粕の原料に使っていて、天然玄米酢はアミノ酸を豊富に含んていて、リンゴ酢は新陳代謝を促進させてくれる効果があります。それぞれで効果は少し変わりますが、脂肪が蓄積されるのを防ぎ、健康な体になるサポートをしてくれるという点は、すべて同じです。

人の体の中というのは、アルカリ性なのですが、偏食をすることによって、アルカリ性から酸性に変化していってしまいます。お酢にはアルカリ性にしてくれる作用があるため、お酢を摂取することは健康を維持するために必要な食品と言えるでしょう。

コエンザイムの老眼対策!レッツ抗酸化はじめよう!

実際に老眼になってしまってから、老眼をどうにかしようとする人が実際のところ多いです。ですが、老眼に実際になってしまってからだと、どうしても限界があります。ですから、実際の老眼になる前に予防をしておくべきでしょう。

手軽に老眼対策をする方法として、サプリメントを服用するという方法もあります。目に良い作用があるものとして、ブルーベリーが代表的ではないでしょうか?このブルーベリーを実際に食べて老眼対策をしようとする場合、大量のブルーベリーを普段から食べるようにしなくてはならないのですが、サプリメントにはいくつものブルーベリーの成分が凝縮されていますから、とてもお手軽なのです。

また、サプリメントとしてルテインが配合されているサプリメントもオススメとなっています。ブルーベリーに配合されているアントシアニンと同じくらい目に対していい作用をもたらしてくれるとされているのが、ルテインとなっています。このルテインは、食べて目安摂取量をクリアするのは難しいのですが、サプリメントであれば簡単に摂取することが可能となります。

老眼というのは、ミネラルでも対策をしていくことが期待できるといわれています。ミネラルというのは、目の内部にも含まれている栄養素となっているのですが、歳をとってくると、だんだんミネラルの量が減ることになります。ですから、ミネラルが配合されているサプリメントを摂取するというのもいいでしょう。

この他にも、コエンザイムQ10もオススメです。このコエンザイムQ10というのは、老化の予防作用があるとされています。老眼も老化によって引き起こされているわけですから、コエンザイムQ10などのように老化予防のサプリメントを摂取するのもいいでしょう。

老化対策にはこちらがおすすめです。→抗酸化サプリメント完全ガイド【抗酸化作用と成分を徹底解説】

コラーゲンを効果的に摂るなら…

コラーゲンドリンクの効果をさらに得たい時には、飲む時間帯がポイントです。コラーゲンドリンクを作っているメーカーではコラーゲンドリンクは就寝前が一番良いと言っています。その理由は、就寝前に飲むことで、ほかの時間帯よりも美肌効果を期待できるからだそうです。肌というものは夜に生まれ変わります。

具体的には午後11時から午前1時までの時間帯で、この時間帯が一番肌の生まれ変わりが促進され、美肌になるために必要な成長ホルモンが多く出る時間帯でもあります。この時間帯にコラーゲンやエラスチンなどが体内にあると、肌の生まれ変わりが促進され、肌をきれいにしてくれる効果が高まるのです。以上のことからコラーゲンドリンクは就寝前に飲むことをおすすめします。

肌の生まれ変わりは就寝中に行われるため、コラーゲンドリンクを飲んだらすぐに寝た方が、より効果的です。寝ている間に生まれ変わるため、夜更かしや寝不足はもちろんしてはいけません。美しい肌になりたい方は夜更かしや寝不足に気を付けましょう。

コラーゲンドリンクは毎日続けることも重要です。コラーゲンドリンクはすぐに効果が出る方もいますが、継続して飲むことで徐々に効果が出るものです。最初は1ヵ月間毎日続けて飲んでみて、その後は肌の状態を考えながらドリンクとサプリメントを一緒に摂取すると効果が期待できるでしょう。飲み続ければ美肌になっていくので、効果が出るまでは頑張って飲んで、肌の調子が良くなってきたら2日に1本などにしても効果は出ます。コラーゲンドリンクに含まれるコラーゲンを効果的に摂取するためには、飲む時間帯や本数を考えて飲むことが大切ということです。